【pop’n music】DAOコンのネジ穴を復活させる

最近のポップン界隈においてはプレミアムコントローラーが話題になっていますが、それを購入しなかった私はDAOコンを使って大きな丸いボタンをシバいております。

個人的には、DAOコンは色んな面から大満足な品なのですが、そんなDAOコンにも唯一とも言える欠点があります。

それは、裏蓋のネジ穴が木でできており、開け閉めする度に木くずが噴き出してきてすぐにネジ穴がバカになってしまうことです。(あとネジ多い。プレコンもだけど。)

閉まらなくなってもプレイする上ではそんなに問題はないんですが、木のネジ穴を埋めるウッドパテなるものがあるので埋めてみることにしました。

ポップンDAOコンネジ穴復活作業

ネジ穴の状態(現状)

ウッドパテ購入

最近無駄に往復回数が増えたホームセンターに行き、ウッドパテを購入します。

いくつか種類があってどれを買えばいいのかわからず、スマホと商品とにらめっこ。

どうやら板の種類や必要な強度によって使うものが変わってくるらしく、一度穴を広げなくてはならない(?)ものもあるらしい・・・

しかし、DAOコンで使われている板がどういったものなのかわからず、今回はお試しということであまり深く考えずに適当なものを購入。

穴埋め作業

ポップンDAOコンの裏蓋を開けて、全20箇所の穴埋めを開始します。(^▽^;)

チューブから出したウッドパテを爪楊枝に付けてちまちま穴に押し込みました。

空気を入れないように数回に分けて穴を満たすように書かれていましたが・・・え、これ難しい。

直接チューブから注入した方が早いのではないかと思いながらも、チマチマ作業。

地道に気を使う作業で精神的にも疲れましたが、手際の悪い私でもなんとか30分程度で穴埋めが終わりました。

(後半雑になってペースアップしています。)

 

~~~ 24時間経過 ~~~

 

少し緩い感じがしますが、無事に閉まりました!

ウッドパテの注入量が少なかったか空気が入ってしまったかで、少し緩くなってしまったのかもしれません。

次回に行う際は気を付けたいと思います。

とりあえずネジ穴として機能しているので今回は良しとします。

終わりに

以前、カーテンを強く引っ張ってしまったのか、カーテンレールを止めているネジの穴が広がっていたことがあります。

その時は、ネットで発見した爪楊枝と木工用ボンドを使って固める方法で対処しました。

充填材の種類もそうですが、方法も色々とあるので、またダメになった時は別の方法を試したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です