【スマホ料金プラン】ahamo、SoftBank on LINE、povoの比較

スマホ

大手キャリア3社で2021年3月開始新料金プランが出揃いました。

料金が安いことは大々的に謳われていますが、金額面以外でどういったメリット、デメリットがそれぞれのプランにあるのかは、やはり気になるところかと思います。

そこで、それぞれのプランの特徴を表にしてまとめておこうと思います。

ahamo、SoftBank on LINE、povoの比較

NTT docomo
ahamo
ソフトバンク
SoftBank on LINE
KDDI
povo
月額基本料金2,980円2,980円2,480円
データ容量20GB20GB20GB
データ容量超過後の
通信速度
1Mbps1Mbps1Mbps
データ容量追加500円/1GB500円/1GB500円/1GB
データのオプションなしなし24時間データ使い放題/200円
通話料金5分以内の通話無料
以降20円/30秒
5分以内の通話無料
以降20円/30秒
20円/30秒
通話のオプションかけ放題(+1000円)かけ放題(+1000円)5分以内の通話無料(+500円)
キャリアメールなしなしなし
契約手続きオンラインのみオンラインのみオンラインのみ
事務手数料無料無料無料
サポートオンラインのみオンラインのみオンラインのみ
その他特徴国際ローミング(82箇所)
追加料金なし
LINEアプリ使用による
データ通信量消費なし

ひとまず、こんなところでしょうか・・・。

ネットだと他の情報も上がっているのですが、情報の出どころが不明のものはこの表には追記しないようにしています。(◎_◎;)

新情報が追加され次第、表は更新していきます!

終わりに

僕はauユーザーなのですが、ahamo、SoftBank on LINEの発表からpovoの発表までしばらく間が開いたため、その間は落ち着かなかったものです。(◎_◎;)

直前にAmazonプライムとセットのややこしい料金プランが出ていることからSNS上では不安視する声もかなり多く上がっていましたが、ひとまず安心といったところでしょうか。

続報があり次第、この記事の内容は更新していく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました