【Visual Studio 2019】インストール方法

Visual Studio 2019 Community(無償版)をインストールする方法を紹介します。

意外とわかりにくいところがあり、自分なりにまとめておきたいということもありまして(^▽^;)

Visual Studio 2019 のインストール手順

手順1:ダウンロードサイトへアクセス

以下のサイトにアクセスします。

https://visualstudio.microsoft.com/ja/downloads/

手順2:インストーラーのダウンロード

サイトに飛ぶとこんな画面が出てきます。

Visual Studio 2019 のコミュニティの下にある「無料ダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

手順3:インストーラー実行

ダウンロードしたインストーラーを実行します。

こんな画面が出てきたら「続行」をクリックします。

手順4:ワークロードを選択してインストールを開始する

しばらくすると以下の画面が出てきます。

初めて導入した時はここで迷いました。

なんかいっぱいあるけど、どれにチェックを入れたらいいんだろう・・・と。

チェック増やすと時間かかるし、後から追加することもできるので最低限必要なものだけチェックしておけば大丈夫です。

僕の場合はVB.netでデスクトップ開発ができればOKなので、「.NETデスクトップ開発」だけチェックしました。

必要な項目をチェックして「インストール」をクリックします。

ちなみに、よくわからない場合はワークロード以外のタブについては特にいじる必要はないかと思います。

インストール中は以下の画面が表示されます。

「インストール後に起動する」にチェックが入っている場合は、インストールが完了したらVisual Studio 2019が自動で起動します。

そこそこ長いですが、インストール完了まで待ちます。

インストール完了

インストールが完了すると、インストーラー中にインストール済みとして表示されます。

インストーラーは画面右上の「×」をクリックして閉じましょう。

以上でVisual Studio 2019のインストールは完了です。

終わりに

Visual Studio 2019でプログラミングをしようとする時、まずはプロジェクトというものを作成することになります。

そのプロジェクトの作成方法については、こちらの記事で紹介しています。

https://pepe-log.com/%e3%80%90visual-studio%e3%80%91%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88%e4%bd%9c%e6%88%90%e6%96%b9%e6%b3%95/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です