【pop’n music Lively(ベータ版)】おうちポップンのはじめ方

pop'n music
(C) Konami Amusement All Rights Reserved.

本記事はpop’n music Lively(ベータ版)の記事になります。

正式リリース版についてはこちらの記事をご覧ください。

 

皆様こんにちは。

本日午前11時ごろ、pop’n musicの公式Twitterより、こんなお知らせがありました。

らいぶりぃね、なんだそりゃ、ふむふむ・・・ん?

な、なんだって~~~!!!

おうちポップンだーーー!!!

最近ポップン運営はテキトーだー手抜きだーとか散々ボロカスに言ってしまっていた僕ですが、手のひらくるりんして早速やってみようと思います。

動作環境

まずはこちらのページから動作環境を満たしているかチェックしてください。

pop'n music Lively公式サイト
コナミのBEMANIシリーズ「pop'n music Lively」の公式サイトです。

pop’n music Lively(ベータ版)をはじめる

手順1:ダウンロードサイトにアクセス

以下のサイトにアクセスします。

pop'n music Lively公式サイト
コナミのBEMANIシリーズ「pop'n music Lively」の公式サイトです。

手順2:インストーラーのダウンロード

サイトにアクセスすると以下のようなページが表示されます。

「同意してダウンロード」をクリックします。

手順3:インストーラーの実行

インストーラーのダウンロードが完了したら、インストーラーをダブルクリックして実行します。

ファイル名は「popn_beta_installer_2020090700.msi」です。

実行するとセットアップウィザードが表示されます。

気になる人以外はインストール先も特に気にする必要はなく、ひたすら「次へ」をクリックします。

インストールが完了したら「閉じる」をクリックしてセットアップウィザードを閉じます。

pop’n music Livelyを起動する

インストールが完了するとデスクトップにアイコンが作成されます。

アイコンをダブルクリックすると、ついにpop’n music Livelyが起動します・・・!

と思いきや、まずはウィンドウモード選択の画面が立ち上がります。

ウィンドウかフルスクリーンか選べるみたいだけど、ベータ版ではウィンドウモードしか遊べないみたい。

でもそもそも、おうちマニアことbeatmania IIDX INFINITASは正式版でもフルスクリーンでしか遊べないよね?

あれ~?・・・おうちポップンの方が優秀になる予感?

「利用規約に同意して起動」をクリックします。

利用規約は読まなくても起動できます。

うわああああああ!!!!!

出たああああああ!!!!!

スクリーンショット

キャラクターセレクト

ミミニャミの2Pカラーが話題になっていた。

プレイ可能曲の担当キャラのみ選択できるみたい。

 

ミュージックセレクト

既視感があるけど気にしないことにしよう。

多少の使いまわしはするもんさ。

 

キーコンフィグ

非常にわかりやすい。

あ、ちなみに僕はDAOコン使いましたが、問題なく割り当たりました。

 

判定調整

ゲーセンより環境差出るし、あるのが当然っちゃあ当然なんだけど、ありがたい。

曲をプレイしてみて

最初は動作環境もろくに見ずに突撃したもんで、

解像度2560 × 1440
リフレッシュレート144Hz
サウンドモニター出力
最初にプレイした時のモニターとサウンドの設定

という動作環境ガン無視でプレイしていた。

もちろん判定なんて全く合わず、このザマ。

 

解像度1280 × 720
リフレッシュレート60Hz
サウンドオンボード出力
改めたモニターとサウンドの設定

に変更してやってみたらだいぶマシになった。

あとは慣れの問題かと思う。

特にサウンドの部分がかなり大きい要因で、さっきの設定だと音ズレしすぎて判定調整してもかなり違和感を感じた。

変更後の設定だと判定はほぼ±0といったところ。

ちなみにリザルトが直撮りなのは完全にゲーセンの癖ですね・・・

スクリーンショット使おう・・・

終わりに

興奮のあまり、いきなりこんな記事を投稿したんだけど、よくよく考えてみたらポップンの記事って他に投稿したことなかった。

というか音ゲーの記事自体投稿したことがなく、本記事が記念すべき音ゲー記事第一号となりました!(笑)

というわけで僕は音ゲーをやっています。

ブログを見てくださっている方々、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました